金融政策と為替相場の変動

国内の経済を安定させるために、金融政策は行われます。 日本国内においては、日本銀行が通貨供給量を調整したり、利子率を調整したりしています。 これによって、急激なインフレやデフレが起こらないようになっています。 さて、FXを行う上で重要なことはなんでしょうか。 それは、為替相場が変動する理由を知っておく事です。 為替相場が変動しなければ、別にそれに目を光らせておく必要はありません。 ただ、FXで利益を出したいと思っていたら、政治・経済の動向には敏感になっておく必要があります。 それは、世界各国でのお金の動き方にかなり影響を及ぼすからです。 FXでは金利の低い国の通貨から、金利の高い国の通貨が買われるのが一般的です。 金利の低い国よりも、高い国のほうが運用利益が多く出る可能性があるからです。 例えば、現在日本はかなりの低金利なので、海外の高金利の国の通貨を買えば、それだけ利益が出る可能性があるという事です。 とはいえ、その金利はいつまでも一定というわけではありません。 前述したように、国内の経済を安定するために、金融政策が行われることによって、金利は定期的に変わっていくものです。 日本の場合、毎月2回、金融政策の会合が開かれています。 また、政治や社会はいつ何が起きるか完全に分かるわけではありません。 市場は生き物と同じなので、いつまでも同じ状況かといったらそうではありません。 そのため、FXを行う場合は、そういう社会や政治にも影響を受ける為替相場に目を光らせておく必要があります。